おせちの予約なら通販で何回も購入してる私の2018年版をどうぞ!

2018年のおせちの予約がもう始まっていますね。おせち料理の種類も量も様々で、なかなか選べない方も多いと思います。通販、百貨店など、どこのおせちがおすすめかを10回以上購入している経験から選んでいます。失敗したくないあなた、このブログをチェックしてから予約してくださいね。

おせちの予約で見逃してはいけないポイント

おせち予約をするにあたって、気をつけなくてはいけないポイントがあります。

今まで何度も購入しているからこそわかるそのポイントをご紹介します。

 

 おせちの予約をするときに気をつけること

f:id:saplix:20151107163044j:plain

 
おせちの配達日を確認する

意外に見逃しがちなのが、おせちの配達日です。

あるお店では、配達日を12月28日、29日、30日、31日の中から選べました。この場合、ご自分の予定に合わせて配達してもらえますが、ただ、これは冷凍おせちです。

よほどの事情がない限り、28日など、早めに配達してもらうと、冷凍室のスペースをかなり空けておかないと、入りません。

 

でも、冷凍室に入らないからと言って、冷蔵庫に保存するわけにもいけません。元旦までに解凍されてしまって、消費期限が来てしまいます。

 

冷蔵庫とは別に冷凍庫をお持ちの方ならそんな心配は必要ありませんが。

 

生おせちのお店や、冷凍おせちの一部のお店、高島屋など一部の百貨店は配達日が統一されていて、12月30日のみというところが結構ありました。

この日から元旦まで冷蔵庫を占領するおせちのために前もって整理して、スペースを空けておかなければいけません。

 

送料無料かどうか

f:id:saplix:20151107164446j:plain

送料無料が当たり前だと思っていましたが、そうではないお店もたまにあります。

冷蔵、冷凍、いずれにしても結構高い送料になることは間違いないので、できれば送料無料を選びたいです。

 

盛り付け不要かどうか

 

これも、今は盛り付け済みのおせちが多いので、それが当然と思ってしまっていると、自分で盛り付けする、レトルトタイプのおせちを買ってしまうと後悔します。

もし私がそのタイプを買ってしまうと100%後悔です。

 

もともと、自分で盛り付けするタイプだとわかって買うなら良いのですが、結構面倒な作業ですよね。

 

早期割引がいつまで受けられるか確認する

f:id:saplix:20151107161749j:plain

どうせおせちを予約するなら、早めに予約するほうが断然お得です。

早期割引で4000円くらい安くなったりするところもあります。

 

何よりも人気のおせちはすぐに売り切れてしまいます。

せっかく新年にいただくおせちなのですから、自分の好きなものを頼みたいですよね。

私は何度もこの売り切れに遭遇して悔しい思いをしました。

 

売り切れ商品ってやっぱりいいんだろうな~なんて思ってしまったこともあります。

 

なので、ご自分の選ぶ基準をはっきりさせて、早めに予約するほうが2倍も3倍もお得です。

 

カニの予約も結構早い者勝ちだったりするんですよ。